成長に合わせた子供部屋のリフォームのポイント

>

成長に合わせた子供部屋のリフォーム

子どもが小学校高学年になったら

小さい頃はリビングなど、リビングにいる家族のそばで宿題をやっていたお子さんも、小学校高学年になると自分の部屋が欲しくなってくるものです。
反抗期とも重なり、少しずつ自立への道を歩み始めるのもこの時期だと言えます。
自分の部屋があると、子供の自立心が育つとも言われています。
ただし、子供部屋があると家族とのコミュニケーションが希薄になるという懸念もあります。
親御さんとしては、反抗期のわが子が、学校から帰るなり自室にこもってしまったら心配になりますね。
そのため、子供部屋をリビングを通らないと入れない場所に作る、ドアにカギをつけないなどの対策を取っていらっしゃるご家庭も多いようです。
いずれ子どもが巣立つときのことを見据え、再リフォームしやすい間取りにしておくことも大切だと言えるでしょう。

兄弟が成長したら

お子さんが小さい頃は一つの部屋を二人以上で使っていても、兄弟、姉妹が成長するにつれてどうしても手狭になってきます。
特に兄と妹、姉と弟など異性の兄弟姉妹の場合は、小学校高学年になると体の変化も起こってきますから部屋を分けてあげるのは当然と言えますが、同性の兄弟姉妹の場合も、成長に伴ってお互いにストレスを感じやすくなります。
不要な口喧嘩などが起こらないように、リフォームする必要があると言えます。
その際も「お兄ちゃんの部屋の方が広い!」などと不満を持たれないように、なるべく部屋の広さは同じにしてあげたいものです。
スペース的に無理な場合は、一つの部屋をパーテーションで仕切って半個室のようにする方法もあります。
この場合も、なるべくリビングに近い場所に子供部屋を確保するようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る